平安


束帯−そくたい−
冬束帯 前 冬束帯 後ろ
 中国風の礼服は即位のときのみに限定され、大小の行事は写真のような束帯という朝服(朝廷に出るときに着用するように定められた公の服)を用いた。写真は公卿冬の束帯。公は摂政,関白,大臣をいい,卿は大中納言,三位以上及び四位の参議を含む高位の人をいう。
 上着の色は官位によって厳しく決められ、天皇は普段は青、儀式のときは黄櫨染(こうろぜん)を用いた。
夏束帯 前 夏束帯 後ろ
 写真は、公家武官夏束帯。

衣冠−いかん−
衣冠 前 衣冠 後ろ
 殿上人冬の衣冠。束帯を略式にしたものが衣冠である。これは宿直に用いられた。しかし、やがて平常の参内にも用いられるようになった。
 衣冠には文武官の別がない。

直衣−のうし−
直衣 前 直衣 後ろ
 20才代前の若年公卿の冬姿。
 直衣とはただの衣という意味の言葉で、平常服のことである。平常服なので位による禁色はなかった。
 ただし、公卿でも「直衣宣下(せんげ)」によって直衣のまま参内し、朝服にかえることもできたので、その場合には一定の決まりがあり、冠も衣冠の場合と全く同じものを用いた。

水干−すいかん−
水干 前 水干 後ろ
 水干を着ている放免(ほうべん)。放免とは、警察の下級刑事ともいえるもののこと。水干は庶民が着用していたが、下級貴族なども用いるようになっていった。
 鎌倉時代以降には狩衣と等しく武家の礼装となった。

狩衣−かりぎぬ−
狩衣 前 狩衣 後ろ
 野外に狩りに出るようなときに、用いた服装。やがて、狩り以外の常用服として広く用いられるようになった。
 狩衣はもと民間の服であった。

物具装束−もののぐしょうぞく−
物具装束 前 物具装束 後ろ
 女房装束では十二単が最高の服装のように思われたりしているが,さらに厳儀の時には、奈良時代の礼服(らいふく)の形を残したものが用いられた。これを物具(もののぐ)装束という。  

唐衣裳−からぎぬも−
唐衣裳 前 唐衣裳 後ろ
 男子の束帯にあたる婦人の朝服で,宮中の正装である。別名十二単という。
何枚も肌着に至るまで重ね合わせた着方は、重ね方によって襲色目(かちねのいろめ)といい、桜がさね、梅がさねなど色とりどりの配色をもち、四季によってもその調子をかえ、大変優美であった。しかし、非活動的で、形式的であった。

小袿−こうちぎ−
小袿 前 小袿 後ろ
 平常服として用いられていた袿(唐衣裳から唐衣と裳をのぞいた姿)に、小袿という、広い袖で裏地を外へ折り返したようなものを打ちかけた姿。唐衣を着る程もない晴れの場所へ行くときに用いた。

直垂−ひたたれ−
直垂 前 直垂 後ろ
 写真は、庶民の直垂姿である。
 袖が細く、短い裾で、男子の労働用に用いられた。普通直垂を着て、小袴を着けた。
 直垂はやがて武士が常用するようになり、山伏、修験者たちもこれを用いるようになった。
 庶民の中に生まれた直垂はこうして、武士に採用され、室町時代には貴族たちも常用するようになっていった。

小袖−こそで−
小袖 前 小袖 後ろ
 民衆の婦人の姿。
 この着物は小袖と呼ばれ、鎌倉、室町と時代が下がるにつれて、武士や貴族の間にまで普及していった。

 794年に平安京に遷都してから、服装には大きな変化が現れた。

 貴族の服装はいかにも堅苦しかったが、奈良時代から平安時代にかけての唐様模倣から脱し、日本独自の特色を作り出したことはとても重要なことといえよう。
 男子の服装として、束帯、略式の衣冠、平常服として用いられた直衣水干、狩り用の狩衣などがあった。
 女子の服装は、物具装束唐衣裳、平常服として袿、准正装としての小袿などがある。

 庶民は、直垂小袖などのように、働くために動きやすい服を身に着けるようになった。